フェイシャルエステの料金相場と支払い方法一覧

フェイシャルサロンでは、手頃な低価格でお試し体験が出来るところがほとんどです。

その体験の相場は500円~3000円程度と、ワンコインからしっかりとした施術コースを体験できるところが多いです。

なぜお試し体験での料金が安いのかというと、最初から高額を出してサロンに通う人は少なく、手頃な価格で体験してみて、良ければ通ってみようかなと思ってもらうための策です。

そのため、体験料金は、材料費のみの価格設定にしてあったり、赤字覚悟で料金設定しているサロンも少なくありません。

フェイシャルサロンに行ったことがない、もしくは契約をして通ったことがないという方は、一般的なフェイシャルエステの料金相場が分からないという人も多いはずです。

体験での価格は安いけれども、実際にフェイシャルサロンに通うとなったら、一体どのくらいが相場なのでしょうか。
フェイシャルサロンでは、さまざまな肌トラブルに対応するために、たくさんの種類のメニューが用意されています。
そのため、相場と言っても、受けるメニューによって価格に差があります。

そこで今回は、フェイシャルエステの施術別での料金相場と、その料金の支払いパターンをご紹介します。

 

施術内容別で見る料金相場

料金の設定は、機械や商材費用、人件費、そして家賃などによっても変わってくるため、都内よりも郊外の方が家賃が安いため、料金設定も安いのはお分かりいただけると思います。

今回は、沢山のフェイシャルサロンがひしめき合っている都内での1回あたりの料金相場をご紹介しましょう。

 

イオン導入の料金相場

…約18000円

イオン導入は、専用の機械を使って、微細な振動を肌に与えることで、美容成分を細かくし、肌の深部まで届けるという施術です。
都内で使われるイオン導入機は家庭用とは違い、出力(パワー)も大きく、その分効果も高いと言われています。

どんな美容成分をイオン導入させていくかによっても料金は変わってきますが、イオン導入のコースは18000円程度が相場だと言われています。

 

ピーリングの料金相場

…約15000円

ピーリングとは、余分なお肌の角質を除去していく施術内容です。
専用の薬剤や機械を使ってのピーリングコースになると、料金は15000円ほどが相場です。

家庭用のピーリング剤や機械もありますが、効果と安全性を考えると、15000円という値段は妥当だと言えるでしょう。

 

リンパドレナージュ料金相場

…約14000円

リンパドレナージュとは、リンパの流れに沿ってマッサージをしていく施術です。
このマッサージを受けることで、顔色がワントーン明るくなったり、首や肩もほぐしていくことで血行を良くしていくので、リラクゼーション効果もあると言われています。

顔のたるみやサイズが気になっている方は、一度のリンパドレナージュの施術を施すだけでも、施術前と後で効果を実感することが出来るでしょう。

リンパは繊細な器官で、マッサージにより老廃物を流していく方向なども決まりがあり、技術のいる施術です。
基本的に、機械を使う施術よりもオールハンドで技術を要する施術は商材費用は掛かりませんが、技術料として料金をいただくため、14000円程度は妥当だと言えます。

全身のリンパドレナージュの場合、都内ではこの倍の28000円ほどの基本料金設定にしているお店もあるので、それを考えると、お顔の一部分のリンパドレナージュにとどまるため、料金は比較的安価になります。

 

フォトフェイシャルの料金相場

…約3万円~

フォトフェイシャルとは、特殊な光を肌に照射することで、メラニン色素にダメージを与えることが出来るため、シミやそばかすに効果が高く、また、コラーゲン生成機能を高めてくれるので、ハリや美白などの効果もあります。

ニキビ跡や赤ら顔、毛穴が気になる方にもおすすめの施術になります。

フォトフェイシャルの照射域は広く、短い時間でお顔全体をケア出来るのも人気のひとつです。
お顔全体に照射して、1回あたり約3万円~5万円ほどだと言われています。

継続して施術を行うことで効果をより発揮すると言われているので、1回あたりで最低でも3万円するというと、少し高いように思いますが、フォトフェイシャルは医療機関でしか受けられない施術なため、その代わり、効果が高いと言われています。

低価格で効果を実感できない施術を複数受けるよりも、1回あたりの料金は高いけれども確実に効果を実感できるフォトフェイシャルの方が効率的で、最終的な出費は抑えられるかもしれません。

また、複数の肌トラブルに対応しているため、人によっては「安い」と感じるかもしれません。

 

安価な料金設定のサロンでの注意点

1回あたりの料金設定が安いサロンは、以下のような注意点が必要です。
料金設定に騙されずに、一度確認する必要があります。

 

サロンの設備は整っているか

安価な料金で技術を提供しているサロンは、サロン内の設備が整っていない、もしくは安易な事が多いものです。

例えば、「完全個室」とうたっているけれども、実際に行ってみると、カーテンでの仕切りのみで声が筒抜けだった…というパターンや、メイク室や更衣室が完備されていなかったり、清掃が行き届いていないということも多々あります。

こういったサロンの設備を気にされる方は、多少料金設定が高くても、設備の整ったサロンを選択するのが得策です。

 

商材費を別途要求されないか

安価な技術料を設定しているサロンは、施術の際に使う商材費は別で料金をいただくというところも実は多いです。

いわゆる「ボトルキープ」のようなもので、自分専用の化粧品を購入して、サロンに取り置きをしておいてもらい、施術のたびに自分が購入した化粧品を使ってもらうというシステムです。

この施術の際に使う化粧品はひとつではなく、多種に渡り購入しなければならない場合が多く、施術料よりも大幅に高額になることが多いです。あまりにも安価な料金設定のところはまず、商材費は別ではないのかを確認する必要があるでしょう。

 

エステティシャンの技術不足

高額な設定のサロンは、熟練のエステティシャンが多く在籍していることが多いですが、逆に、安価にする代わりに、見習いのエステティシャンに担当してもらうという場合もあります。

つまり、「モデル」になるということです。
それを双方が合意して、納得した上で安価の料金で施術を受けるのは全く問題のないことです。

高いお金を払ってでも高い技術を取るか、安いお金で未熟な技術で少しでも効果を出そうと思うのかは、お客様である私たちの選択次第です。

 

エステ料金の支払方法の種類

フェイシャルサロンに関わらず、エステサロンではさまざまな料金の支払いパターンが用意されています。
自分に合った支払パターンを見つけて、無理なく通えるスタイルを獲得しましょう。

 

コース制

コースでの契約は、1回当たりの料金が安価になる代わりに、一度にまとまった回数、料金の契約をすることがあります。
その場合、総額が高額になることが多いので、一括で現金で払える人はそう多くはありません。
そのためさまざまな支払いパターンが用意されています。

  • 現金…現金で一括で払える方は現金で支払う方法を選びましょう。
    中途解約などになった場合はすぐに返金してもらえるため、そういった意味でのメリットは大きいです。
  • カード…クレジットカードで支払うという方も非常に多いです。
    支払回数をカード会社との契約上、分割に出来たり、リボ、ボーナス払いに出来たりもしますが、サロンによって、分割回数が決まっていたり、リボやボーナス払いが出来ない場合もあるので、確認が必要です。
    また、中途解約の場合は、カード会社を通しての返金になるので、1か月~2か月ほどは時間の余裕を見た方がいいでしょう。
  • ローン会社との契約…現金もない、カードも使えないけれども、どうしても契約がしたいという方のために、エステサロン側がローン会社と契約しているところがあります。
    サロンと契約しているローン会社を利用し、支払うことが出来ますが、手数料がかかったり、総額が契約金額よりも上乗せされることが多いので、確認が必要です。

誰もがローン会社を利用できる訳ではなく、審査があるので、通った方が利用できる制度です。
ここにおける審査とは、他に沢山のローンを組んでいないか、支払いが過去に滞ったことはないか、収入が安定しているかなどさまざまです。主婦やフリーターなどは高額な契約の審査が下りない事が多いので注意しましょう。

 

チケット制

5回チケット、10回チケットのように、ある程度まとまった施術回数を回数券のような形で購入できる方法です。

コースのように高額な契約はできないけれども、通いたい意志がある方や、定価よりもチケット制は1回当たりの料金が安く設定されている場合が多いので、少しでもお得に気楽に来たい方などにおすすめです。

コースだと定期的にしっかりと通わなくてはいけないイメージがありますが、チケット制であれば、空いた時間に気楽に行けるところも魅力のひとつです。

 

貯蓄残高制

大手のサロンでよく採用されている料金設定ですが、通うと決めたお客様には、一番最初にまとまった金額をサロンに収めてもらいます。そこから、毎回施術されるたびに施術内容によってかかった料金を引き落とされるという方式です。

最初に預ける金額としては、50万ほどから300万など高額に至るケースが少なくありません。

毎回施術内容が異なると、「今回の施術はいくらかかったのか?」などが把握しにくいため、しっかりと毎回、預けたお金があとどれくらい残高が残っているのかをこまめにチェックしておく必要があります。

 

都度払い

1回当たりの料金は定価、もしくは少しの割引程度にとどまりますが、もちろん1回1回その都度かかった施術料金を支払うことも出来ます。極たまに自分へのご褒美や誕生日の自分へのプレゼントなどで利用する程度でしたら、都度払いが賢明です。

まとめ

自分に合った支払い方法はありましたか?
エステはお金にまつわることは不透明なことが多く、不安を抱えながらお試し体験に行く方も多いと思いますが、しっかりとどういった制度をサロン側は整えているのかだいたい分かると安心できるものです。

相場も都内での、定価の相場なので、会員になったりコース契約をする場合は、大幅に割引をされることが多いので、「ちょっと高いな」と思った方も、実際にコース内容を聞いてみると、「この料金なら自分にも始められるかも」と思えるかもしれません。

まずはエステサロンを訪れて、自分に合ったサロンを見つけてみましょう。

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ