一発でそこが優良エステ店かわかるマル秘チェックポイント

エステサロンは、全国に沢山の店舗を構え、女性の「キレイになりたい」という気持ちを叶えています。

その中でも、女性の命でもある「顔」をケア出来るフェイシャルエステは、幅広い層の女性から人気があるため、たくさんの店舗が存在します。

毎年たくさんの新しいエステ店がオープンする一方で、毎年同じくらいの数が閉店しています。

つまり、このエステティック飽和状態の現代では、本当に良いものだけしか生き残っていけないということを意味しています。

お客様である私たちの目利きも確かになってきていると言えるでしょう。
では、エステティックサロンにこれから通いたいと思っている人は、どんな風に良いサロンを見極めたらいいのでしょうか。

今回は、たくさんあるエステの中から、一発で憂慮なお店かわかってしまうチェックポイントをご紹介します。

 

電話やメール対応が丁寧なサロン

私たちがお試し体験という形でフェイシャルサロンを最初に訪れる際に、一番最初にしなければならないこと。

それは、「予約」です。

だいたいのフェイシャルサロンは予約制を取り入れていて、お客様をお待たせすることなく施術に入れるような体制を取っています。

そのため、飛び込みでいきなり店舗を訪れてもすぐに施術を受けられるとは限らないので、新規でいきなり店舗を訪れる人は少ないのです。

予約の方法はさまざまですが、だいたいは電話かメールで予約をするでしょう。
その時のサロン側の対応が丁寧だと、良いサロンと言えるでしょう。

予約の際に色々と質問したいお客様もいると思います。

「待合室はあるのか?」「子供を連れて行っても平気か?」「何か必要な持ち物はあるか?」など予約の時点でさまざまな質問をした時に、丁寧に答えてくれるところは、実際にサロンに行った時も、私たちの肌の悩みを親身に聞いてくれて、的確な施術を紹介してくれるでしょう。

一番最初の予約時の対応は、どんなサロンであるかを判断できるので、重要なチェックポイントです。

 

お試し価格と定価の差が激しい

「お試し価格500円!」とうたっている広告をよく目にすると思います。
しかし、実際に通うとなった時に、500円で毎回施術をしてくれるはずがありません。

最初のお試し価格が500円と安価だったのに、実際の定価の値段は18000円のコースだったというと、「通ってみようかな」という気にさえなりません。

これは、施術料金が高いお店がお客様を取り込むための作戦なのですが、あまりにも定価の値段と体験の値段の開きが大きすぎるところは、「詐欺だ」とお客様に思われても仕方ありません。

広告を見た時点で、お試し価格があまりにも安価なところは、定価が実際いくらなのかを調べてから訪れることをおすすめします。

 

店内の清掃は行き届いているか

サロンにとって店内はサロンの「顔」です。

ましてや、フェイシャルサロンというデリケートなお肌を扱う店舗で、店内が菌やカビだらけのホコリでいっぱいであったら、そんなお店でキレイになれるはずがありません。

ホコリはないか、髪の毛は落ちていないかなど、店内の隅々までしっかりと清掃が行き届いているかはしっかりとチェックする必要があります。

特に、「トイレ」がきれいなお店はサロンでなくても良いお店だと言われているので、施術前にお手洗いに行き、キレイにされているかを確認しましょう。

 

顧客情報が管理出来ているか

一度お試し体験で行ったことのあるサロンで、随分年月を空けてから、またチラシや広告を目にして行ってみた際に、全く自分の事を覚えてくれていなかったという経験はありませんか?

普通は新規の場合カウンセリングの前にカウンセリングシートを記入して、名前や住所、電話番号など個人情報を記入し、どんな肌トラブルを抱えて来たのかを申告します。

良いサロンは、例え、何年も間が空いたとしても、一度来たお客様の情報はしっかりと管理し、また次に来店された際に、同じことを再度聞かずにスムーズに施術が行えるようにしています。

しかし、悪いサロンは、お客様の大事な個人情報を粗悪に扱い、2度目であるにも関わらず、新規のお客様扱いで、また同じことを記入させてしまうのです。
「私の個人情報を書いた紙はどこへ消えてしまったの?」と不安になってしまうのは当然のことです。

どんなに時間が空いても自分のことを覚えていてくれるサロンを選びましょう。

 

スタッフの入れ替わりが激しい

エステティシャンになるために、エステティシャン専門学校に通って、資格を取り、晴れてエステティシャンになる方もいます。

しかし、実は「未経験者」でもエステティシャンになれてしまうのが現状です。
もちろん資格を持っていないから悪いエステティシャンで、資格を持っているから良いエステティシャンであるとは限りません。

資格を持っていなくても、長い年月実体験により経験を積み、たくさんの知識と技術を身に付け、立派なベテランエステティシャンになる方も大勢います。

しかし、ここでチェックしておきたいのは、誰でもエステティシャンになれるため、辞めていく人も多いということです。

苦労して入った会社を簡単に辞める人はいませんが、簡単に入った会社だと、簡単に辞めてしまう人は多いですよね。

エステ業界も窓口が広い分、同じ店舗で長く働いているエステティシャンというのは少ないものです。

また、腕のあるエステティシャンは独立して自分で店舗を構えたり、自宅エステを始めたりする場合も多いので、担当してもらっていた人が急にいなくなってしまうという事も多いのが現状です。

そのため、あまりにもスタッフの入れ替わりが激しいサロンは、自分の担当も入れ替わりが激しくなってしまう可能性が高いので注意が必要です。

担当する人が変わるという事は、同じレベルのサービスを均等に受けられないということが起きてしまうことがあるからです。

また、スタッフへのサロン側の対応が悪いと辞めてしまう人が多いです。
低賃金で過酷な労働を要されれば、簡単に入った会社なら辞めてしまうのは当然のことです。

身内であるスタッフに働きやすい環境を与え、大切に出来ないサロンは、絶対にお客様を大切には出来ません。

サロンのスタッフの入れ替わりがあまりにも激しくはないか、これはいいお店選びの重要なチェックポイントと言えます。

 

口コミ情報を参考にする

各サロンでは、大手ネット広告に載せているお店も多く、そういった場合、お客様からの「口コミ」を掲載しているお店も多いものです。

口コミ情報は実際にそのサロンに訪れたお客様の生の声を聞けるため、まだ行ったことのない私たちにとっては重要な情報源であります。

それだけではなく、実際に来店されたお客様がどんな風にお店を評価しているのかは、実際に働いているサロンスタッフも気になるところなので、毎日サロン側もチェックしていることが多いです。

顔の見えないネットでの口コミの書き込みなので、本音を記入する人が多く、参考になります。

しかし、ここで注意点なのが、この口コミの書き込みをサロンの評価を上げるために、サロンスタッフがサクラになり、良い口コミを載せている場合があります。

そのため、ひとつの口コミ情報だけを頼りにするのではなく、その他多くの口コミ情報をチェックして、判断することをおすすめします。

 

まとめ 理想的なフェイシャルエステサロンの雰囲気

本当に良いサロンとは、実際に行ってみて、自分の目で確かめ、体験することで初めて分かることが多いものです。

フェイシャルエステに限らず、エステサロンの多くはお客様の癒しの空間が作られるように配慮しています。
音楽や室温、香り、お茶のサービスなどその場所にいると心が落ち着くような場所を提供しています。

一般の家庭にはないような癒しの場所があれば、お客様もゆっくりとくつろぐことができますよね。

日頃の慌しい日常から開放されゆっくりと時間が流れていく。そんなひと時を過ごせたら幸せですよね。更にフェイシャルエステではリンパのマッサージやパックなどの気持ちの良いお手入れが行われます。

心も体も気持ちよくリラックスすることができるでしょう。サロンを決める時にはいくつかのポイントがあります。スタッフの対応が良いのかどうか、料金は予算に合っているか、立地条件はライフスタイルとマッチしているのか、衛生面が行き届いた清潔なエステかどうか。

これらのポイントを重視する人も多いかと思いますが、サロン自体の雰囲気も大切です。

せっかくお金を支払っているのに落ち着かないような環境でフェイシャルエステをするのは嫌ですよね。

通常のサロンはほとんどがお客様のくつろげる空間を配慮しています。この癒しの空間に清潔感やスタッフの気持ちよいサービス、確かな技術が揃った上で、満足できるお手入れだと実感できるのかもしれません。

このように室内の空間だけではなく全てのサービスに満足し、リラックスしてお手入れを受けられる雰囲気かどうかが大切ではないでしょうか。

今回のチェックポイントを参考にして、なるべく早く良いエステを見つけられることを祈ります。

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ