プロが行うピーリングの効果とおすすめなメニューの種類

ピーリングとは

「ピーリング」はスキンケアの用語としてよく耳にする方も多いと思います。

今では、自宅で簡単にピーリングが出来る化粧品なども販売されているほどで、エステサロンでも人気のメニューのひとつです。

英語で皮の事を「ピール」と言いますが、そこから名前の由来が来ていて、皮を削る、溶かす、処理するという意味があります。

効果としては、さまざまな要因で肌のターンオーバーのサイクルが崩れてしまうことで、余分な肌の表面に残ってしまった角質を除去することで、肌トラブルを解決するというものです。

肌の表面に余分な角質が残ってしまっていると、ニキビや吹き出物、くすみ、肌のごわつきなどの原因になるため、こういった肌トラブルを起こしている人はおすすめの施術になります。

しかし、一言で「ピーリング」と言ってもさまざまな種類があることはご存知でしょうか。

フェイシャルエステサロンでは、さまざまな角質除去をするピーリング方法を取り入れていて、メニューも豊富に取り揃えているところが多いです。

今回はプロがおこなうピーリング効果とおすすめな施術法、受ける際の注意点などをご紹介いたします。

 

エステで受けられるピーリングの種類と効果の特徴

フェイシャルエステで受けられるピーリングの種類は大きく分けて3つに分類することが出来ます。
では、どういった種類があるのでしょうか。ご紹介しましょう。

 

皮膚科でも用いられるケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、フルール酸などのピーリング剤を用いて、皮膚を溶解、つまり溶かしていく方法です。

主にニキビ跡やくすみなどに効果があります。この方法は皮膚科の治療でも行なわれている方法で、1度使用をしただけでも効果が実感しやすいのではないのでしょうか。

AHAという通称フルーツ酸と言われるものは、サトウキビや玉ねぎから抽出されるグリコール酸、サワーミルクやヨーグルトから抽出される乳酸、青りんごなどから抽出するリンゴ酸、ブドウやワインなどから抽出する酒石酸、レモンなどの柑橘から抽出するクエン酸などの事を指します。

つまり、もともとは食べられるものから抽出したピーリング剤と考えて良いので、皮膚を溶かすというとなんだか怖いイメージがありますが、天然由来なので安全に施術を受けることが出来ます。

効果としては、新陳代謝を活発にし、コラーゲン生成を促進させてくれるので、ニキビ肌や脂性肌の方だけではなく、アンチエイジングを目的とした方にも有効なピーリング方法になります。

年齢を重ねると、ターンオーバーが遅れるため、皮膚の表面がごわついたり、分厚くなってしまう方が多いため、年配の方に適しているピーリング方法と言えるでしょう。

専用の酸性薬剤を肌表面に塗り、肌表面の老廃物などを取り去って新しい綺麗な肌の再生を促すのです。この薬剤は色々な種類があり、その強さも様々なものがあります。代表的なものとしてはアルファヒドロキシ酸と呼ばれる薬剤ですが、その他にもやや強めのトリクロール酢酸というものもあります。

シワの改善にまで効くと言われているものはフェノールと呼ばれる薬品で皮膚の深い層までピーリングが出来るようですが、あまり強い薬剤は皮膚科や美容外科など、医師のいるクリニック等でしか利用ができない場合もあるかも知れません。

施術内容としては、まず、洗顔をして、余分な肌のヨゴレを落とした後に、ピーリング剤を添布して数分放置します。

その後、ピーリング剤を拭き取り、また自身で洗顔をします。
最後に肌の鎮静化を図るために、冷却パックなどで肌を引き締めれば、終わりになります。

各フェイシャルサロンによって、手順は異なると思いますが、ピーリング剤を塗って、放置し、拭き取るという工程はほとんど一緒です。

短時間で簡単にピーリングが出来るので、ピーリングをやってみたいと思っている初心者の方は、まずケミカルピーリングから初めてみるといいでしょう。

ケミカルピーリングは以下の方におすすめです。

  • ニキビ肌(黒ニキビ・白ニキビ)
  • 脂性肌の改善
  • くすみが気になる
  • アンチエイジング

 

レーザーピーリング

レーザ―ピーリングとは、ケミカルピーリングのような薬剤を使用せずに、レーザーで治療していく方法です。

そのため、敏感肌や乾燥肌、肌の弱い方におすすめのピーリング方法になり、お肌のタイプを選ばない方法なので、人気があります。

一回の施術でしっとりとつるつるになるのが目で見ても触ってもすぐに実感することが出来ます。

また、レーザーピーリングには専用の機械を用いると共に、技術のいる作業になるので、エステサロンでしか受けられないピーリング方法と言って良いでしょう。

施術の流れとしては、洗顔をして余計な肌表面のヨゴレを落とした後に、レーザーを当てる場所をマーキングします。

その後、マーキングした場所にレーザーを照射していき、沈静化を図るために、冷却パックを行い、肌のキメを整えれば終了になります。

照射したレーザーの光は肌の深部まで届くので、コラーゲン生成機能を活発化させてくれるため、肌にハリも生まれます。

施術を受けるペースと回数の目安ですが、だいたい1か月に1回程度を6回に渡り継続させることで、効果をより持続させ、実感することが出来ます。

1か月に1回の施術でいいので、頻繁にフェイシャルサロンに通えないという忙しい方でも始められやすいメニューになります。

レーザーピーリングは以下の方におすすめです。

  • 毛穴の開きが気になる
  • 鼻の黒ずみ
  • たるみが気になる
  • ニキビ改善
  • 化粧ノリを良くしたい
  • 肌が弱い

 

スキンスクライバー

スキンスクライバーは細かい超音波を出す専用の機械を用いて、毛穴に詰まった汚れや古い角質を取り除くピーリング方法です。

スキンスクライバーの機械は先端が金属になっていて、この金属のヘラのような部分を肌に滑らせることで、余分な角質を削っていくのですが、このスクライバーに使用される金属は皮膚にダメージを与えないものを使用しているため、安全だと言われています。

しかし、極度な金属アレルギーの方で心配な方は施術前にエステティシャンに相談しておくと安心です。

また、このスキンスクライバーのピーリング方法は、ケミカルピーリングを行った後に併用して行うとより効果を発揮すると言われています。

ケミカルピーリングで肌の角質が柔らかくなったところに、スキンスクライバーでごっそりと余分な皮脂を取っていくので、より多くの角質を取り除くことが出来ます。

余分な角質が沢山溜まっている人は、併用すると良いでしょう。

施術時間は10分ほどで終了するため、他のメニューのオプションとして設定されているフェイシャルサロンがほとんどです。

痛みもなく、施術が終わったすぐ後からメイクをして通常の日常生活を送れるため、人気のメニューの一つです。

スキンスクライバーは以下の方におすすめです。

  • 毛穴の黒ずみ
  • 肌のキメを整えたい
  • くすみの改善
  • ディープクレンジング

 

ピーリングを受ける際の注意点

お肌はとてもデリケートで、ピーリングというのは、肌の余分な角質を外部から強制的に除去して行く方法なので、施術の際は以下のことに気を付けなければなりません。

 

施術中の肌の異変

施術中から薬剤が合わなかったり、方法が合わないと、ちくちくとした刺激や熱感、むずがゆさ、ほてりなどを感じることがあります。

こういった肌の異変を感じた際は、すぐに施術を中断し、適切な処置をしてもらってください。

 

施術後の肌の異変

施術中はなんともなかった人も、施術後に肌の感覚の異変に気付く人もいます。
赤みやかさつき、乾燥、吹き出物が出来たり、肌のほてりを感じたら、そのピーリング方法は肌に合っていないサインです。

また、水ぶくれ、ただれ、かさぶた、シミなどの肌の異変が見られる方も極たまにいますので、そういった場合はすぐに皮膚科へ受診しましょう。

 

施術後のお肌のケア

ピーリングの後は肌が乾燥しやすいため、お家でのケアとして、いつもよりもたっぷりめに保湿をしてあげてください。

まず化粧水をたっぷり何度も重ねづけをして、肌に水分を十分与えた後、保湿もしっかりと行うと、より効果を実感できるでしょう。

 

また、新しい皮膚を導いているため、ピーリング後は赤ちゃんのような繊細なお肌になっています。

そのため、刺激に弱く、紫外線に弱くなっているため、しっかりと日焼け止めを塗って、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

まとめ

ピーリングは効果の高い施術法であると共に、正しい知識と技術のいる施術法でもあります。

家庭用の専用剤や機械なども販売されていますが、無知なまま使用すると余計に肌トラブルを悪化させてしまうことがあります。

また、ピーリング直後の肌は大変弱くなっていますから、紫外線や摩擦、低刺激の化粧品を使用するなど過度な刺激を避け、きちんとアフターケアを行なわなければなりません。

繊細なお肌に安心安全なピーリングを行うためにも、まずはフェイシャルサロンへ足を運び、プロの手でお手入れしてもらうのがおすすめです。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ